コレステロールを下げるのにおすすめの運動

コレステロールを下げる運動

コレステロール値を適正値に保つために行えることは、食事のみではありません。特に重要なのは毎日の運動量で、運動量が少ない人は食事内容が同じでも中性脂肪やコレステロールが高くなる傾向が見られます。

 

中性脂肪とコレステロールの値は連動して上下するため、脂肪を燃やす有酸素運動はコレステロールの低減にも非常に役立ちます。もし日々ほとんど運動の機会が無いと言う方は、ウォーキングからでも始めてみてはいかがでしょうか。

 

運動というとどうしても身構えてしまう人が多いと思いますが、有酸素運動による脂肪の燃焼効率は運動強度が低ければ低いほど高まります。

 

強度が高くなるほど脂肪だけでは十分なエネルギーを供給できなくなるため、糖質やその他のエネルギー源を投入しなければならず総消費カロリーにおける脂肪燃焼の割合が下がります。

 

もちろん、強度の高い運動ほどエネルギーの消費量全体が大きいため脂肪燃焼量も高いのですが、要するに中性脂肪を下げコレステロールを低下させるための運動には、必ずしも強度の高い大変な運動が必要なわけではないのです。

 

ゆったりとしたウォーキングでも定期的に行えばはっきりと数値に表れるほどの効果が見込めます。また、定期的な運動は代謝を活性化させるという面でもとても有効です。

 

代謝が活性化すれば日常生活においても中性脂肪が燃焼する量が増え、よりコレステロール値が安定することにつながります。あまり身構えず、服装も今持っているもので十分ですから、まずはウォーキングから始めてみましょう。