コレステロールの正常値(基準値)

コレステロールの正常値(基準値)

コレステロールは生命維持に絶対に必要なものであり、体内で生合成できるため体が正常であればコレステロールが極端に低くなったり0になったりすることはありません。

 

体に必要なものである以上単に数値を下げようとするのではなく、適正値を知りその値に近い状態を保つことが重要です。

 

以前は単純にコレステロールの総数だけが注目されていましたが、近年ではLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高いこととHDLコレステロール(善玉コレステロール)が低いこと、そして中性脂肪が高いことが問題とされます。

 

それぞれの基準値は、

 

・中性脂肪:150mg/dl以上
・LDLコレステロール:140mg/dl以上
・HDLコレステロール:40mg/dl未満

 

が基準値外として問題となります。特に生活習慣病に直結するLDLコレステロールの値は100mg/dl未満が至適とされ、基準値以内でも100mg/dl以上だと下げる努力をすべきとされます。

 

逆に低いと問題なのがHDLコレステロールで、これはLDLコレステロールを回収する働きがあるため、HDLコレステロールが低くなると逆にLDLコレステロールが高くなりやすい状態となるためです。また中性脂肪もLDLコレステロールを上昇させるため、コレステロールと一緒に語られます。

 

これら三つの基準のどれか一つでも適正値から外れていれば脂質異常症と診断されるため、他が適正値だからたいした問題は無いだろうと考えず、全ての値が適正値になるよう日常生活での努力を行う必要があります。