コレステロール研究会

コレステロールを下げるには?

高コレステロールによる体への害はよく耳にするもので、特に生活習慣病の大きなリスクとして認識されています。

 

この高コレステロールを避けるために、漠然と油の多い動物性食品を避けるようにとは言われていますが、積極的にコレステロールを下げるための手段についてはあまり語られないように思います。

 

そこで、コレステロール摂取量を適正に保った上でどうすればコレステロールを低下させることができるかを知っていきましょう。

 

まず最初に確認が必要なのは、体内を巡るコレステロールを0にすることは不可能です。

 

コレステロールの役割とは細胞を作る際の材料であり、細胞分裂を続けることで生命を持続させている以上コレステロールは必要不可欠な栄養素ですので、もし仮に食事によるコレステロール摂取が全く得られなくとも、他の栄養素を使いコレステロールを生成することができるようになっています。

 

従って血中コレステロールを積極的に下げたいと考える場合、元々平均以下のコレステロール摂取量ならばさらに摂取量を下げることは有効ではありません。

 

コレステロールを下げるために気をつけたいのは、まずは食事です。とは言え、前述の通りコレステロールの摂取をただ嫌うだけでなく、コレステロールを低下させる食べ物を積極的に摂取すべきです。

 

コレステロール、特にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を低下させる食べ物と言えば青魚です。魚油に多く含まれるオメガ3脂肪酸が中性脂肪やコレステロールを低下させ、血液の過度の凝固性を下げることで重大な虚血性疾患をも予防します。

 

オメガ3脂肪酸を配合した専用のコレステロールサプリも数多く販売されていますので、毎日魚料理を食べるのは辛い人はサプリやドリンクなどの健康食品を活用すると良いでしょう。

 

過剰なコレステロール摂取を改める意味でも、脂肪分の多い牛や豚肉を適量に控え、その分を青魚に代えてみてはいかがでしょうか。

更新履歴