筋肉増強剤の副作用とは・・・?怖くないの?

筋肉増強剤にはどんな副作用がある?

筋肉隆々な男性

 

アナボリック・ステロイドとも言われている筋肉増強剤を服用して、筋肉を増やしている人も多いのですが、この筋肉増強剤にはどんな副作用や症状があるのかについてお話をしていきたいと思います。

 

これから、筋肉増強剤を服用しようと考えているのであれば、副作用や症状について正しく理解をしておくべきでしょう。

 

まず副作用として、むくみ・高血圧・胃痛・肝機能障害・ニキビ・腎臓障害・食欲の増加・心臓疾患・脱毛・ウイルス感染症・血液が固まりにくくなる・靭帯にダメージを与える不眠症などといった症状があります。

 

この他にも、女性乳房症や低精子症・精巣や睾丸の機能がの低下・思春期前なのであれば成長が止まる・陰核や陰茎の肥大・性欲低下・性欲亢進といった症状も確認されています。

 

このように、筋肉増強剤というのは、筋肉を増やしてたくましい体にしていきやすくなる半面、色々な副作用もあるのです。

 

色々な副作用が挙げられるのですが、この中で特に副作用として現れやすくなっているのは、脱毛とニキビとなっています。

 

以前、ボディビルダーで頭が薄い人が多かったのですが、この薄毛も筋肉増強剤との関連性があるのかもしれません。副作用が気になる方は筋肉増強サプリを利用するのがベストかもしれません。筋肉を増やすホルモンを促進するアルギニンやシトルリンは健康に害のないもののため安全性が高くおすすめです。

 

この他にも、筋肉増強剤を服用した人で、男性ホルモンが低下してしまったり、女性の様な乳房になってしまったという事例も多いです。男性らしいたくましい体にするために、筋肉増強剤を服用した結果、女性の様な胸になったり、睾丸の機能が著しく低下してしまったことで、反対に男性としての自信を失ってしまった人も多いのです。

 

ただ、最近は、この筋肉増強剤の副作用から体を守ってくれるものも売られるようになってきています。女性乳房症対策としてノルバデクスというものがありますし、睾丸の機能低下対策としてクロミッド、そして薄毛やニキビ対策としてプロスカーといわれるものが販売されています。

 

どうして、筋肉増強剤で上記のような副作用が現れてしまうのかというと、細胞にあるレセプターと筋肉増強剤の成分が結合してしまうことが原因ではないかと考えられています。

 

例として挙げると、脳にあるレセプターと筋肉増強剤の成分が結合された場合、怒りやすくなるということが研究でわかっています。